当院は完全予約制です。予約のないご来院には対応致しかねます。

アフターピル

アフターピル

アフターピル(緊急避妊薬)とは?

アフターピルとは、「避妊をせずに性行為をしてしまった」「避妊をしたけれど失敗してしまった」という場合に妊娠をしないための緊急処置として行う避妊方法です。

アフターピルは72時間以内に服用することで高い避妊効果を得られます。

また、服用のスピードが早ければ早いほど避妊効果が高まり、12時間以内にアフターピルを服用することで99%以上の確率で避妊できるといわれています。

アフターピルの種類

世界中で使用されているアフターピルは「ヤッペ法」と「ノボノルゲストレル」の2種類があります。

•ヤッペ法
ヤッペ法は性行為をした後に72時間以内に中用量ピルを1回2錠内服し、服用12時間後にもさらに2錠内服する避妊方法のことです。
•ノボノルゲストレル
性行為をした後に72時間以内に1錠ピルを服用する避妊方法のことです。【ノルレボ®錠1.5mg】と 【レボノルゲストレル錠1.5mg「F」®】の2種類が販売されています。

アフターピルの入手方法

アフターピルは薬局で購入することはできません。アフターピルを入手するためには、医療機関に訪れて医師から処方箋を発行してもらう必要があります。

そのため、避妊の恐れがある行為をした場合は早急に医療機関に訪れて相談してください。

アフターピルへ保険適応外の診療となるため全額自己負担となることを理解しておきましょう。

アフターピルの副作用

アフターピルを服用すると吐き気などの副作用が発生することがあります。

もしも、アフターピルを服用してすぐに吐いてしまった場合は、薬が体に吸収されていない可能性もあるためすぐに1錠追加で飲むようにしましょう。

アフターピルの服用で起こりやすい副作用は以下の通りです。

  • 吐き気
  • 肌荒れ
  • 頭痛
  • 不正性器出血
  • 乳房障害

    アフターピルを服用する際の注意点

    アフターピルは副作用のリスクがあるため、重い肝機能障害がある方は医師との相談のもと服用を検討することが大切です。

    また、アフターピルを飲んだ後の性行為には避妊効果がないため「先に飲んでおけば大丈夫だろう」と認識を間違えないように注意しましょう。

    アフターピルに関するよくある質問

    はじめてアフターピルを利用する方の中にはさまざまな疑問や悩みを持たれる方も多くいます。ここではアフターピルに関するよくある質問を3つ紹介します。

    • 避妊に成功したか判断する方法は?
    • アフターピルを服用した後にアルコールを摂取してもよいですか?
    • 食前から食後どちらに摂取すればよいですか?

    それぞれ確認していきましょう。

    避妊に成功したか判断する方法は?

    次の生理がこれば避妊に成功していると判断できます。

    もしも、次の生理がきても不安の場合はアフターピルを服用して3週間を目安に避妊検査を受けてみてください。

    避妊の検査を受けて陰性を確認できれば確実に避妊に成功していると判断できます。

    アフターピルを服用した後にアルコールを摂取してもよいですか?

    アフターピルはアルコールを摂取することを前提に作成されていません。

    そのため、アフターピルを服用後にお酒を飲むと避妊効果が減少してしまう恐れがあります。

    最低でもアフターピルを服用したら24時間はお酒を控えるようにしましょう。

    食前から食後どちらに摂取すればよいですか?

    アフターピルは食前・食後どちらに摂取しても問題ありません。

    アフターピルはできるだけ早く服用することで高い避妊効果を得られるため、食前・食後に関わらず性行為後すぐに摂取してください。

    以下の場合はアフターピル処方をすぐにご相談を

    アフターピルの効果は72時間を過ぎると避妊効果が薄れてしまいます。

    そのため、以下のことがあったらすぐにアフターピルの処方を受けるためにあしたのクリニックにご相談ください。

    • 性行為中にコンドームが破れた
    • 避妊をしずに性行為を行った
    • 排卵日前後に性交したため避妊の心配がある